机上の空想 -on the armchair-

エロゲを中心に(広義の)ビジュアルノベルに関するレビューやエッセイを主な活動にしてるつもりのブログです。6月24日より旧ドメインから正式移行しました。

翻訳ネタ

「Brindiamo!~俺たちに乾杯」を訳してみよう!

最近、「Brindiamo!~俺たちに乾杯」(ワタナベカズヒロ)に今更ハマってしまい、カラオケで歌えたらカッコいいなぁなどと思いながら聴いてるうちに、何だかカッとなって和訳しました。
前回のエロゲソング和訳と同様、公式の和訳があるかもしれませんが関知しません。

さて、一年以上ぶり二回目のエロゲソング和訳にしてイタリア語詞というハードルの高い曲をやってしまったわけですが、台鼎はイタリア語初学者であるどころかこの歌を訳そうと思うまでイタリア語のイの字も知らなかった超初心者(笑)なので、多分に意訳です。むしろ直訳とかできません。そして盛大な勘違いをしてる可能性もあります。
イタリア語の素養のある人からすれば酷い訳かもしれませんが、もし何かアドバイスがあれば是非ともお願いします。

対訳にしたくはあるのですがやっぱり訳だけ置いておきます。訳でもだめだったら教えてくださいね。
では、どうぞ~。

------------------------------------

もっと金が欲しいんだ さあほらほら
極上の女をくれよ さあほらほら
力こそ名誉
力こそ魔性
力こそ権威
ああ、俺たちに乾杯!

この世の財は俺たちのもの さあほらほら
心行くまで楽しもうぜ さあほらほら
力こそ至高
力こそ甘美
力こそ武力
ああ、俺たちに乾杯!

銃声、過ぎ行く風、たたずむ大地
風はわがままで気まぐれさ
よい子はさっさとねんねしな
命が惜しいなら
どうなったって知りやしないぜ

酒が飲みたいんだ さあほらほら
しこたま食いたいんだ さあほらほら
力こそ幸福
力こそ艶美
力こそ法律
ああ、俺たちに乾杯!

力こそ名誉
力こそ魔性
力こそ権威
ああ、俺たちに乾杯!

吹きすさぶ嵐を
俺たちの名を呼んでみろ
よい子はさっさとねんねしな
お前のものは俺のもの 何がおかしい?
俺のものは俺のもの 当たり前だろう?

この世の財は俺たちのもの さあほらほら
心行くまで楽しもうぜ さあほらほら
力こそ至高
力こそ甘美
力こそ武力
ああ、俺たちに乾杯!
力こそ幸福
力こそ艶美
力こそ法律
ああ、俺たちに乾杯!

------------------------------------

イタリア語→日本語に直接訳すのが厳しかったのでクッションにした英訳(こっちはいくらか直訳)も置いときます。
続きを読む

ゲール語の発音を勉強してみた雑記

先日知った事実。
それは、「dorchadas 読み方」でググると拙サイトが結構上位に来るということ。

しかし問題です。載っている文は「未だに曲名の読み方が分からない」というもの(オススメEGS'08)なのです。
そう。読み方を調べようとしてググってるのに、上位に読み方を知らないページが出てくるということではないか。
そしてそもそもこれでググっても(現在)正確な読み方を教えてくれるサイトは上位に出てきません。

ということで、ネット上だけではありますが、ゲール語の発音を勉強してみました(「dorchadas」はゲール語)。
そして、どうにか発音を突き止めることに成功!いえい!

いきなり一言読み方だけ書いて終了というのも何なので、今回はどういう風にしてその読み方に辿り着いたか……つまりはゲール語ミニ講座みたいなのも書いてみたいと思います。

「んな御託はいらんからさっさと教えろやダボ!」という方は、下のほうで読み方を太字にして書いていますのでスクロールしてご覧下さい。

以下、ゴタク。
(参考:「スコットランド贔屓の英国好き」さま)
-------------------------------------------------
単語は「dorchadas」。(意味は「obscurity,darkness」つまり「暗がり、闇」)
まず母音ですが、この中に出てくる「a・o」に関しては英語と同じらしい。ということで
・「a→ア」
・「o→オ、オウ」
とすることにします。
次に子音。ゲール語の子音は母音の組み合わせで発音が変わるらしいのですが、「a・u・o」は同じ種類(レハン)らしいので、難しい考慮は必要ないっぽい。ということで文字ごとに性質を列挙すると、
・「d」は、文頭では英語と同じ「d」、レハンの前後で「t」の発音。
・「r」は、英語の「r」。
・「ch」は、英語に存在しない。
 →別所で調べたところ、破裂音かつ喉の奥で発生させる音らしい。咳き込んだときみたいな音……?
・「s」は、レハンの前後で英語と同じ「s」。
・全体的に「h」が混ざっている。

以上を考慮すると、全体的に鼻に抜ける感じで
「ドーァカハタス」
と発音するのが正しい!……のか?
いくつか調べたところだと「ch」はハ行としてるところが多かったですが。
あ、ちなみにコレは多数派っぽいスコットランド・ゲールの発音です。アイルランド語(アイルランド・ゲール)の方はよく分かりません。
-------------------------------------------------
以上御託。


まぁ多分
ドーハタス
と書けばカタカナ語としては問題ないんじゃないかと思います。1時間もリサーチしてないんで非常に不安ではありますが。
そんなわけで間違ってたら誰か教えてください……(汗)。

ああ、初めてシャルノスサポーターとして仕事を出来た気がする……非常に今更ですが。

では以上で。

※後日追記
アイルランドゲールだとこういう発音になるそうです。
→http://ja.forvo.com/word/dorchadas/
rがかなり「ル」と聞こえるところ、dが普通に「d」に聞こえるという違いがありますね。
こちらだと「ドルハダス」となるでしょうか。

公式にアナウンスがあるわけでもなし、まぁカタカナ語だからどっちでもいいんじゃないかというのが僕の見解です(笑)。tがdに聞こえるなんて英語でもよくあることだよ!

※さらに追記
Ritaさん本人によると、「ドルハダスに近い」ということです。公式の回答があったのに長いこと気付かなくて申し訳ないです……
→http://ritarita.jugem.jp/?day=20090802

「Memoris are here」を訳してみよう!

題名の通り、全英詩であるカタハネED「Memories are here」を和訳します。公式の訳があるのかもしれませんが関知しません。
まぁ全英詩とはいっても、誤植や誤用の多く、つまりはそんなネイティヴ的な歌詞はあまりないので、意味だけとろうと思えば簡単。一方で、変な言葉を使ったりしているのでどう翻訳すればいいやらという部分も結構ある歌でした。

さて、自分は直訳が嫌いなので多分に意訳してます。
カタハネの内容に即して考えると多分「アン→ベル」の歌なので、そこを意識してみました。最後のプレイが丸二年前なのでちょっとおかしいかも知れませんが。

あと、対訳にできればしたいのですが、権利の問題もあるのでやめときます(訳もアカンやろということがあれば教えてください……)。
連の構成はOSTの歌詞カードに即してます。

それではどうぞ~。
続きを読む
プレイ本数が同人>>商業なこじらせ系エロゲーマー。
ご案内と注意
エロゲ感想の多くは雑感という形で雑記(+簡易感想)に紛れてます。

プレイ済リストや、下の検索欄からご参照ください。

批評空間のarmchairと同じ人です。

好んでいる作品の傾向を見ていただくだけなら、そちらの得点表を見ていただくのが速いかもしれません。

また、同人ゲームの感想をお探しの方は、批評空間でも同じような感想を述べてることがありますので特にご留意ください。


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
コメント
バナー(笑)
こんなんでも使って頂ければ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援中!
お気に入り