机上の空想 -on the armchair-

エロゲを中心に(広義の)ビジュアルノベルに関するレビューやエッセイを主な活動にしてるつもりのブログです。6月24日より旧ドメインから正式移行しました。

[旧]雑記

紫影の雑記

台鼎です。今日は簡易感想すらないただの雑記でございます。

今日は月末金曜恒例のエロゲ発売日。Twitterを監視している限りでは相当の盛り上がりのようで。恋チョコやキサラギなど話題作たくさんの先月はあまりこういうのは聞かなかったような気がするのですが…(気がするだけ?)
はて、今月の一般的な話題作ってなんなのでしょうかねー。ロットアップの報告があったわれめて? 保住氏のキッキン? 衝撃のエロゲ化のJINKI? デブリは人を選びそうだし……。

もちろんこのブログ的には「紫影のソナーニル」ですね!

写真

ファンクラブ通販にてインガノックとシャルノスも購入。
え、プレイ済じゃないかって? ……言うまでもなく二本目です。だってアペンドディスクが欲しかったんだもん!
ちなみにソナーニルもソフマップ特典欲しさに二本目を買っていたり。実はヴァルーシアも……。

今現在二章まで、体験版が三章のみだったので実質三章までで進みました。序盤は過去作と比べてもかなり面白いんじゃないかと思います。各話ごとにゲストキャラを掘り下げながら、メインキャラの話も徐々に進んでいくという形式は過去作(特にシャルノスやインガノック)と一緒ですが、体験版や紹介だと分からなかった真相の断片のようなものが結構最初からチラチラ見せられるせいで非常に先が楽しみでたまりませんw こういうのは過去のシリーズになかった魅力ですね。
そして、異様にリリィが可愛い! このまま行くと好きなエロゲキャラ五指に入りそうな勢い。今年はキャラにはまったゲームはプレイできてないのですが、年末になってようやくゲットできたようです。
もちろん桜井節も健在。ヴァルーシアよりは癖は弱くて読みやすいかな、という印象です。また今回多用されている「テキストと音声を違える」という演出が、さらにこの人のシナリオの味を深めてる感じがしますね。よきかなよきかな。

これ以上書くとクリアしてないのに賛美するだけの記事になりそうなのでこのあたりにしておきましょうw

はて、左側のアクセスをみるとなかなかなことに(20時ちょっと過ぎ現在)なってますね……。アクセス解析をみるとどうやらほとんどの方がソナーニルを検索しているようですが。(後日追記:結局270…前日比10倍オウフ)
まあ原因はタイトルのあれでしょうねー…。
……自分がこのゲームの正式タイトルを書けばいいんでしょうが、これのおかげでアクセスしてもらえるということを考えるとちょっと躊躇いができてしまって結局放置してしまっています(苦笑)

さて、ここいらで自分はゲームの続きをやってしまうとしましょう。それでは以上で。

戦いが終わって雑記

どうも、台鼎です。

夏コミ2日目が終わったということで、需要はないと思いますが収穫物さらしをば。

8c2853ab.jpg


<ゲーム>
・Indigo
・幻想のアヴァタール
・アクアアフター(名刺付)
・少女と世界とお菓子の剣 Route of NANA(写してないですがポスター付)
・Omegaの視界 最終章(ペーパー付)
・錬電術師 (シリーズ全部)
・ダブリーな彼女
・es-node
・私とあなたといた世界
・AURELIA
・N.E.D.E
・ヴィザルの日記 (補記も一緒に、冊子付)
・竜神ナーガ前編
・ミステリアスキャバレー体験版
・EDEN体験版
・カルネアデスの扉体験版

<CD>
・genom
・meaning
・ほめらじvol10&11

<本>
・姫神(大波耀子)
・「とめとっ」体験版付冊子

なんかコミケの収穫物としては色々おかしい気もしますが台鼎としては何も問題なし。

去年は今まで買えなかったものをたくさん買った感じですが、今回は新作が色々と楽しいことになってました。
本当はもっと音楽とか企業ブースとか、そして同人ゲームも買おうかと思っていたんですが、思わぬ出費の影響で自重しました。だってほめらじ普通に残ってるって思わなかったんだもん……。



そしてこの後、青葉りんご&カンノユウキさんのライブに行ってきました。
ライブレポは書きませんが、とりあえず情報としてあったのは「年末には青葉りんごのアルバムが出る」「10月10日にBen氏(女神ノ宿命や戦姫之理の作曲)を招いて青葉りんごのソロライブがある」ということ。
みなぎってきますねー(今は疲れ気味なのであまりみなぎってない)。

とりあえずのところは、indigoを早くプレイしておきたいと思います。

それでは、以上で。

動画を貼るだけの簡単な雑記

どうも、台鼎です。

タイトル通りの手抜き雑記でございます。

ページが重くなるといけないので【続き】にて。


続きを読む

サクラノ詩の断片を拾い集める雑記

(4日、ちょっとだけ追記)
ドリパ、行って来ました。
色々と収穫はあったのですが、個人的にはケロQのブースで行われていたトークライブがなかなか面白かったです。

ブースを遠巻きに見ていると、なんかやたらカッコいいオッサンがつらつらとスタッフの学力やら昨今のアジア情勢やらを話していて、それを聴きに人が囲っている。そのオッサンこそ、ケロQの代表兼シナリオ兼原画であるSCA自氏でした。

初めは世間話のようなものが延々と繰り広げられていて、正直ケロQばかりを見ているわけにもいかないのでほとんど話を聴いていないんですが。抽選会の30分ほど前、「『素晴らしき日々』について、『終ノ空』と比べて『完成した!』という実感はありましたか?」というファンの質問を皮切りに、なかなか面白いことを語っていてくれたので備忘録としてメモを残しておきます。
記憶を頼りに文を起こしているので、ニュアンスの違い等もあるでしょうがご了承ください。



<「素晴らしき日々」について>
・「終ノ空」は初めての作品だったし、やはり「終ノ空」の方が達成感はあった。
・自分がもし金持ちだったら、作品を作った後発表はしなかっただろう。
・没ENDの設定に「音無彩名が実は卓司の祖母である」というものがあって、そうするとシナリオ的にも非常に綺麗にまとまるのだけれど、「終ノ空」に対応した作品であることを鑑みて、結局現在のEDの形にした。
(※台鼎は素晴らしき日々未プレイなので、見当違いなことを書いてるかも知れません。すいません)
・「幸福に生きよ」とは言うものの、ウィトゲンシュタインの著書と同じく、作中では「幸福に生きるとは何か」ということについては言及できていない。
(※うろ覚えですが確か、素晴らしき日々は評価されているけどこの作品は決して完成したものじゃない、というような文脈だったかと)

<「サクラノ詩」について>
・少なくともサクラノ詩を出すまでは、会社を続けて行きたい。
・遅延の理由は、テキストのシェイプアップ。プロットは出来ているのだが、テキスト量が6Mの予定になってしまった(いわく、素晴らしき日々の倍)。こんな長い文章を読むのは辛いだろうから、3M強になるまで切り詰めようとしている。そこが出来たら、自分なら10ヶ月程度で書き上げることが出来そう。
・「サクラノ詩」で描かれるのは、自己の物語であった「素晴らしき日々」では描かれなかったもの――即ち他者である。独我論的である(そのことについては諸説あるけど)ウィトゲンシュタインですらも他人の目を非常に気にしていたように、やはり自分たちの人生は他者というものなしには語れない。

<その他>
・ほめられるのもけなされるのも苦手なのでネットでのレビュー等は見ない。
・麻枝氏についての私見。「氏の作品自体にはあまり共感できないが、それを書いている氏の姿勢には非常に共感できる(共感と言うと偉そうなので好きというべきかも、とも)」。氏の物語はいつも切羽詰っていて、それが自分にも通ずるのだとか。



などなど。話を聴いてみると、サクラノ詩の延期はなるべくしてなったのかなぁと思ったり。
思い出したらまた追記してみます。
どうでもいですが、素晴らしき日々の話の途中でCROSS†CHANNELのネタバレを若干食らって少し涙目でしたw



さて、明日はコミティア~。Humanityはサントラも発売するようなので更に楽しみです。
ああ、足痛い、金ない(泣)。

では、以上で。

四月に馬鹿をやってみた雑記

どうも、台鼎です。

失敗してなければ恐らく見られたんじゃないかと思いますが、エイプリルフールネタをやってみました!
(2日追記:こんなのをやってました→http://onthearmchair.web.fc2.com/enter.html

ほぼ一日で完成の突貫工事…しかもhtml初心者なので上手くいっているかは(この記事を書いている段階では)分かりませんが、驚いていただけたら幸いです。
もちろんあの企画は嘘ですよ?(汗)

とはいっても、同人ゲームを作りたいのは本当の話。
スタッフ欄にある名前。「ユリイス」は某所でやらせていただいている創作活動での台鼎のPN、「沖椎名」はそこでの友人でして、何かしらやってやろうぜ!と意気投合しているところです。
しかし今回の嘘告知は完全に台鼎の独断と見切り発車なので、あれを作るかは全くの未定…どころかサークルの名前も決めてない状態ですw
まぁゲーム作りに集中できる状況かといえばそうでもないので、のらりくらりとやっていくつもりです。期待しないでくださいねー(笑)。

企画内容については、後ほど追記することにします。それでは、失礼。


(以下、4時前ごろ追記)
続きを読む
プレイ本数が同人>>商業なこじらせ系エロゲーマー。
ご案内と注意
エロゲ感想の多くは雑感という形で雑記(+簡易感想)に紛れてます。

プレイ済リストや、下の検索欄からご参照ください。

批評空間のarmchairと同じ人です。

好んでいる作品の傾向を見ていただくだけなら、そちらの得点表を見ていただくのが速いかもしれません。

また、同人ゲームの感想をお探しの方は、批評空間でも同じような感想を述べてることがありますので特にご留意ください。


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
コメント
バナー(笑)
こんなんでも使って頂ければ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援中!
お気に入り