机上の空想 -on the armchair-

エロゲを中心に(広義の)ビジュアルノベルに関するレビューやエッセイを主な活動にしてるつもりのブログです。6月24日より旧ドメインから正式移行しました。

2012年06月

上半期エロゲソングを軽く振り返って雑記2012

というわけで上半期エロゲソングで気に入ったのをざっとピックアップ!

例年おすすめエロゲソングの選曲は上半期に偏ることが多いので7割くらいが来年1月にも登場する恐れあり。
しかし今年はあまりチェックできてない気がするのよなあ。




空とぶSuperCats (Luna)
青空の唄 (Luna)
『それゆけ!ぶるにゃんマン HARDCORE!!!』より。るなちがにゃーにゃーいってるのが可愛い。
青空の唄は初出は今年ではありませんが、作中で使われるのは今回が初。個人的には(広義の)NanosizeMir曲では一番好きなので――そう!台鼎曲選に!入れられる!

strong enough (佐藤ひろ美)
未来へ (雨花)
『すたどる!』の歌はエロゲソングとしては変わった曲が多くておもしろいですね。お気に入りはこの二曲。

リピカ (島みやえい子)
『猫撫ディストーションExodus』より。昨年のPV発表以来wktkしながら聞きまくったなあ。

Presto (KOTOKO)
『はつゆきさくら』からはOP。自分の知る範囲ではfripSideの曲の方が人気ですが個人的にはダンゼンこちら。

Unite+reactioN (KOTOKO)
『マテリアルブレイブ』からはOP。実はBALDRのKOTOKO曲より好み。

タイトル不明 (ボーカル不明)
 Playing with the blood (GORO)
『ヴァンパイアクルセイダーズ』の主題歌はV系男性ボーカル。
そういえば上半期の男性ボーカルこれしか思いつかない……なにかあったっけ。

The Moon is Not Alone (いとうかなこ)
『'&' -空の向こうで咲きますように-』OP。志倉曲はホント分かりやすいなー(特にBメロ)。

brave genesis (オリヒメヨゾラ)
『創刻のアテリアル』よりOP。上半期燃え系では一番好きですね。

FALLING (kimotto)
『イントルーダー』より。こういうタイプの女性ボーカル曲好きなんですがあまり多くないですよね(知識がないだけか)。

木漏れ日フレネル (nao)
『1/2 summer』のOP。どこのY●KIだよ! と思ったらやはりみんなの共通認識だったらしい……ww



というわけでこの程度で。
ヴァンパイアクルセイダーズのは情報出るかなあ。もし曲名及び歌手名ご存知の方がいたら教えていただけると幸い。
→本編クリアした知人から教えてもらいました。

そして以下、いつものように簡易感想。
去年夏ぶりの☆印が!

[作品一覧]
甘えむっ♪
マクスウェルの悪魔
ローゼンハインの探究
だれかのよどみ



続きを読む

誰得!「机上の空想」の5年間を振り返る!(後編)

誰得企画改め、自己満足企画後編!
00年代が終わって、2010年から2012年までの更新を見ていきます。こちらも長いのでお付き合いいただける方は追記から。

どんどんと最近になっていくので振り返る内容も少なくなりそう――と思いきや一回ごとの更新に中身が割とあって、意外にコメントに困らなくて逆に困惑。

(前編はこちら
続きを読む

誰得!「机上の空想」の5年間を振り返る!(前編)

5年!

細々とやってきた拙ブログも開設から早五年。
いままでも○周年企画をやってきたのだから、せっかくだし今回も何かしたいと思うものの
「曲選……いや、毎年やってはスペシャリティがなくなってしまう…」
「借り物企画……いや、この期に及んでやはり借り物企画ってどういうこった」
「創作……いや、絶対間に合わない、というかそんな意欲があったらもっと作ってる」
などと窮した挙句思いついたのがこんな誰得企画です。

2007年からの記事を前後編に渡り(大体)時系列順に振り返るという、台鼎的には黒歴史発掘ツアーだし読者さん的には興味ないしで本当に誰得。
しかしこんな機会でもなければ絶対にやらない記念企画には違いないね!

出てくる作品名とかイベントを見ながら「自分はこの頃こんな感じだったかなあ」という風に読んでいただければ――と思ったものの、あまり世相を反映した更新をしてないのがこの「机上の空想」であったり。
……まあ、台鼎の回想にお付き合い頂けるという奇特な方はご観覧いただけると幸いです。


前編は07年から09年、2年半分の約80記事を振り返ります。
記事へのリンクは貼ったり貼らなかったり。雑記等の中身を読みたい方は月別アーカイブをご参照を。

それでは長いので追記から~。
続きを読む

覚書の覚書の雑記

今回のエロゲソング: FALLING / kimotto (イントルーダー)

悲恋系ロックチューン。ミリオンバンブーの曲ってあまり好みじゃなかったんですが、こいつは今年のTOP候補。ムービーのセンスも好き。




更新したわけでもないのに430PVとか一体なにごと――かと思ったら、以前書いた「商業同人についての覚書」がどこが最初なのか分からないですが紹介されたらしく、とりとめもなく結局「覚書」にしかならなかった半分黒歴史的テキストが今更晒されることにちょっとした戦慄を覚えている台鼎です。

補足の類はみっともない感があってあまりしたくないものではありますが、そもそもあの記事がみっともないので躊躇なく補足をさせていただくとですね(爆)

去年のちょうどこの時期ですか、doujin24という同人ゲームイベントがありまして、そのプログラムの一つに「同人ゲーム、その可能性と限界~何が問題なのか」という題目の生中継討論会があったのです。その討論会というのが、まあ、イベント全体と比してあまり芳しくない空気でして、その原因の一つとして大きかったファクターが、「カネ」というものに対する各人(視聴者含む)スタンスの食い違いだったのです。
「同人はカネのためにやるんじゃない」という意見、「カネがないとどうにもならない」という意見、「インディーズゲームと同人ゲームは考え方が違うんだ」という意見。結構デリケートな部分に対する様々なスタンスを目の当たりにして、半年ほど悶々として。その間に考えたことを整理するための叩き台が、「カネと同人」が密接に絡んでいるであろう商業同人だった――という、そういう経緯であの記事が出来たわけです。

――というコメントも後の祭りというか、見ていただいた430人のうちの一割の方々の眼に入ることもないのですが。

しかし、そんなことに言及した記憶もないのに著作権タグがついて著作権ニュースとして取り上げられたりとよく分からん感じ(なぜにこのタイミングで拡散したかも、どういう感じに受け取られてるかも、コメント見当たらないので全然分からない)に拡散してますが、一体なんだったのか……。



…と、5周年更新のネタなんて何やったらいいか全く思い浮かばないぜと思いながらの更新でした。
曲選今年もやったらただの年一恒例更新だしな……。ああ、どなたか良い案はありませんでしょうか(汗

では以下、簡易感想です。

[作品一覧]
少女綺想奇譚
それでも生きることは食べることだから



続きを読む

C81同人ゲー感想 その2

買った分の完成版新作は(多分)プレイ完了。

やはり今回もちょっと厳しめの感想になってしまいましたがご了承を。


[作品一覧]

trade▼off
蓮月小夜
THE MAN CALLED CRIMSON
僕らは灰色から始めた


続きを読む
プレイ本数が同人>>商業なこじらせ系エロゲーマー。
ご案内と注意
エロゲ感想の多くは雑感という形で雑記(+簡易感想)に紛れてます。

プレイ済リストや、下の検索欄からご参照ください。

批評空間のarmchairと同じ人です。

好んでいる作品の傾向を見ていただくだけなら、そちらの得点表を見ていただくのが速いかもしれません。

また、同人ゲームの感想をお探しの方は、批評空間でも同じような感想を述べてることがありますので特にご留意ください。


メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
コメント
バナー(笑)
こんなんでも使って頂ければ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

応援中!
お気に入り